デトックス効果のあるお茶を導入して体調を整えよう

飲みやすさを重視

お茶は様々な有効成分を持つことで知られており、健康意識が高まっている現代にフィットした飲み物の1つとなっています。
こうしたお茶の成分が持つ働きには、種類に応じていくつかの差があるとされていますが、どのお茶にも老化を防ぐ役割や、美容への効果に繋がる働きが少なからず期待できると言われています。
特に飲み応えよりも美容健康への有効性を重視して選びたいという場合には、なるべく発酵処理をさせていない、茶葉独自の成分が抽出されている様な種類を選ぶ方が良いと言われています。
したがって出来る事なら、緑茶として飲む方が良い、と勧められています。
緑茶の場合、抗酸化作用を持つが熱に弱いと言われるビタミンCが、お湯で入れても壊れづらい状態で含まれているため、手軽に摂取しやすいとも言われています。

緑茶として摂取する事が最良と言われていますが、どの種類のお茶を飲む時でも、含まれる成分を効果的に摂取する際に注意したい事柄がいくつか挙げられます。
第1に、入れるお湯の温度があります。
例として番茶やほうじ茶の場合は、沸かしたお湯をそのまま注いで良いと言われるのに対し、煎茶は70度程度まで冷ましてから入れることが推奨されます。
次に使う茶葉とお湯の量の割合です。
茶葉に対するお湯の量が多すぎても少なすぎても風味が変わると言われているため、目安を守る事が推奨されます。
そしてお茶出しの時間です。
比較的短い時間の番茶やほうじ茶、数分出しておく煎茶など、出す時間によっては苦味が混じってしまう確率があるため注意が必要とされています。